良き友 その1

この前、久し振りに聞いた「友の声」

その友が、先月末に香港から一時帰国していた。

帰ってくれば色々と多忙で、あっちこっちに出かけているようだ。

その多忙の中、何とか時間を作って会いたいと言ってくれる友

電話で・・・

我輩 「この前に会ったのって、何年前?去年だっけ?」

親友 「んんんん・・・去年じゃなくて、一昨年だったような?」

この前会った気がしてたが、2年も前の事だった。

もう2年も会ってなかったんだ・・・

そう思うと、無性に会うのが楽しみになってきた。


今週は、気が遠のく位に仕事に追われている我輩

夜勤明けで帰れるはずが、帰れず

館に着いたのは、外が真っ暗だった。

それでも終わらず・・・

今日も、外が真っ暗な内から出勤して

上司に無理を言って、昼には帰らせて貰った。

明日も・・・明後日も・・・明々後日も・・・

まだまだ続くのだ。


忙しい中、待ちに待った親友との食事。

まぁ~変わってないだろうが、

久し振りにお互いの家族一同で会えるのが楽しみなのだ。

その「お食事」・・・

どこにしようか?

親友は「どこでも良いよ」と言ってくれるが

その親友、香港で飲食関係のお店を持っているから

『味』に五月蝿い?かなと、考えてしまう。

うぅ~ん?どこにすれば良いかなぁ?

ただ今、鬼嫁と相談中なのである。

[PR]

by okapparikozou | 2008-02-09 15:48 | 日常