嫌な汗が、身体を伝う・・・

上司から「面接本番に向けて、練習しなきゃな!」とお達し・・・

そう!本社のお偉い方からの面接を想定して「予行演習」する羽目になってしまった。

ここ最近、休みが返上されて仕事だったので、昨日&今日は『完全休養』にしたかったが!

こんな「お誘い」を受けてしまったのだ。

我輩は、ぶっつけ本番の方が案外と良いのだが・・・

そこは上司様!

我輩の『暴走モード』振りを見抜いております。


前もって試問のコピーを渡されてはいたが、

『そんなの関係ねぇ~!!』

ってな訳にはいかなかったのだ。

質問されそうな試問を考えて・・・

いざ!面接練習会場へ


面接上司

「今までと変わるところは?」

我輩

「正直に申しますと、役職手当が上がる・・・ですかね」

面接上司

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「正直すぎる!他に答え方があるだろ!!」

っと『暴走』すると、他からブレーキを掛けられてしまいます。


面接上司

「年上の部下をどの様に指導しますか?」

我輩

「ストレートに指導します。」

面接上司

「・・・・・・・・・・・・・・・」


言うまでもありません!この後、切々と指導を受けたのは「年上の部下」ではなく

我輩だったのです。

いやぁ~

手に背中に『変な汗』が流れていましたよ。 (>_<)

大丈夫かな?我輩の『面接』本番・・・

[PR]

by okapparikozou | 2007-10-30 14:18 | 日常