震災1週間・・・

震災にあって何日が過ぎたのだろう


お江戸の町では、震災から約1週間がたつと

スーパーの棚は空っぽになったり、

街中のGSには、車の大行列が・・・


買いだめしなくても、困らないと思うけど・・・

風評被害で、一定の商品が一気に無くなる光景を

見ると、心が寂しくなるのだ。

じゃぁ~自分はどうなんだ?

そんな事しなくても・・・

何とかなると思ってた。



ガソリンなんて、車に乗らなければ使わない。

少しでも何か出来る事を何故考えないのか?

自分本位でしか考えないで行動するのって?

物流を確保するために、個人的消費を抑え

輸送に携わる会社へと考えないのか?

大行列してまで必要?

そのお蔭で、道路は渋滞を引き起こしている。



東京電力の計画停電・・・

電気が足りないのは理解できるが

オール家電を推奨していたのに、

いざ電力不足となると、『使うな!』『控えろ!』とは・・・

お粗末な電力会社だこと。

自分の会社の利益しか考えず、利用者の事を思う気持ちってもの

がないのか?不思議だ・・・

そんな事を言って、自分も電気の恩恵を受け

電気が無いと困ってしまうのだ。



1週間・2週間・・・1か月・・・

時がたつと、何事もなかったかの様に

普段の暮らしに戻ってくる。

そりゃ~自宅での『節電』は、やっていると思うが

夜になると、遅くまで遊びで出歩く人が増えている様に見えた。

震災1週間位は、22時を過ぎると人通りが減り

終電間際なんか、お江戸から人の姿が消えた様だった。

でも現在は?

震災前と変わらない様で・・・




震災から半月が過ぎて、

新年度を迎え・・・・・

いつもの暮らしが戻っている。

でも、何か出来る事を

少しでも出来る事をしようと思っている。


多分、周りの人たちも同様に思っているのだろう。




頑張ろう日本

[PR]

by okapparikozou | 2011-04-02 11:42 | お休み