<   2016年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

年度末から新年度に掛けて、大忙しな日々で

我が輩は、心身共に疲れ果てていたのだ。

とは言っても、ひと月に3日もお休みを頂けたのは

ラッキーではないか。


先週末、愛車に乗り西へ向かったのだ。

通い慣れた新東名高速だが、早朝の空いている高速・・・

気が抜けない!

白黒色や紺色の弱い物いじめっ子であるクラウンに追尾されそうで、

そうそうアクセルを踏める状況じゃないからなのだ。


新東名も、三ヶ日から豊田東まで延伸したお陰で

20分程度の所要時間短縮となって、若干ではあるが楽になった様に

思え、新しい道路は走り易かったのだ。


目的地までの470㎞を、いつもなら2回ほど休憩を取るのだが

今回は1Stopで走りきる。

途中、いつも立ち寄る静岡SAで朝食・・・

f0138281_9141296.jpg


今回は、そばが食べたくなり「丸揚そば」を発注したのだ。

食べてみたところ、きつねそばと変わりなく思え・・・

普通に「きつねそば」を頼めば良かった。


470㎞を走りきり、目的地に到着したのが10時半頃。

今回は、ちょっとした用事であったため

何てことは無く、小一時間ほどで作業は終了したのだ。

この為にと思うが、仕方がないのだ。

作業を終え、今度は東へ東へ・・・


名阪国道を名古屋方面へ愛車を走らせ、

伊勢湾岸道路を走り、新東名高速へ。

お腹が減ってきたので、延伸した新東名高速の新しいSAに

立ち寄る事にしたのだ。

土曜日とあって、新しいSAは大混雑してるではないか!

まぁ~当たり前ではあるが、ここまで混んでいるとは思ってもみなかったのだ。


こんなに人が居る?って位、SA内には人・人・人

昼飯を食べようものなら、ちょっとした行列に並ばなければならないのだ。

待つのが嫌いな我が輩、何を食するか?と物色したところ

親子丼のお店が比較的空いていたのだ。

機嫌の優れない鬼嫁を促し、空いていたテーブルを陣取り

さて、何にするか?

原価としては高くないのに、こんな値段取る?って・・・

一般庶民には「お高い」昼飯なのだ。

でも、食べないで帰るのも考えられないので、ここでしか食べれなさそうな

「八丁味噌親子丼」を発注してみた。

f0138281_9285776.jpg


名古屋名物の「手羽先」もあったが、別に食べなくても・・・

さぁ~八丁味噌親子丼のお味は?

とろとろの卵と八丁味噌の濃厚な味がマリアージュして、

なかなか美味しいではないか!

箸休めに「梅干し」をひとかじり、鶏スープを一口

あっと言う間に完食してしまったのだ。

これなら「大盛り」でも飽きずに完食出来そうだぞ。

とは言え、腹一杯にしてしまうと・・・

睡魔が襲ってくるから、腹八分目にしておかなければ。


昼飯を終えて、一路お江戸へ向けて新東名高速を・・・

走り続けていると、電光掲示板には「東京3時間以上」と表示

されているではないか!

また事故渋滞か・・・

それも、秦野中井~横浜町田間が渋滞と表示されている。

できる限り回りの車より前へと思い、御殿場からの下り坂を頑張るも

すでに御殿場のちょっと先から渋滞が始まっていたのだ。

あぁぁぁぁぁ、館まで何時間掛かるのだろうか?

トイレに行きたくなったらどうしよう?

迂回ルートあるかな?

なんて考えながら、チョロチョロと進む渋滞の列の中に居たのだ。


秦野中井ICを過ぎた所で、左側に旗をふる高速隊の姿が見えたのだ。

ここが現場かぁ~と思いつつ、進む前の車に続いて

まだまだ渋滞は解消されていないのだ。


突如、前の車が速度を上げる。なんで?

いきなり流れ出したのだ。なんで?

理由は分からないが、巡航速度で横浜町田を駆け抜け

いつの間にやら東名高速のゴール!

さぁ~ここから首都高なのだ。

比較的空いている首都高、どのルートを選択しようか?

箱崎の混雑を回避するには、上野線へ向けたルートが良いと思ったが

時既に遅し!

車線変更出来そうになかったのと、後ろから軽自動車が我が愛車を煽っている。

勝負を挑んでるのであれば、受けてたつのみなのだ。

霞が関の下り坂を程よい速度で駆け下り、トンネル内を駆け抜け・・・

箱崎の混雑を縫って走ったところ、横に座っている鬼嫁の表情が!

すかさず、左車線へ

煽っていた軽自動車を先行させ、落ち着いた速度に戻し・・・

向島線へ車線変更したのだ。


渋滞の影響で、館到着が遅くなったが

無事に館到着。

本日の走行距離910㎞。

新東名高速の延伸で、少しは走行距離が短くなったのだ。


疲れた・・・

が今日の感想だったのだ。
[PR]

by okapparikozou | 2016-04-25 09:53 | 日常