機種変更の巻

年末に、鬼嫁の携帯電話が・・・

電源が切り入りして、使えない状況が発生したのだ。

当然、携帯が使えない鬼嫁はキイキイ騒ぎ出す始末。

こりゃぁ~買い替え?と思っていると、鬼嫁は

「買い替えすると、お金が掛かる!」と言って

何とか復旧する術を検索しようとするが、携帯が使えないんじゃ

検索するにも、ネットに繋げる手段が無いのである。

そして何を思い付いたのか?鬼嫁・・・

サポートセンターへ直に電話していたのだ。

その場では復旧せず、翌日、ショップへ行く事にしたらしい。


翌日、鬼嫁はショップへ行って話しを聞いて来たところ

どうやら「修理」するより「買い替え」した方が良いらしいと、

我が輩へLineしてきたのだ。

また、料金設定の見直しを図り、機種変の際に旧携帯を買い取り

すると、安く済むらしいのだ。

条件として、我が輩の携帯も機種変して買い取りだそうだ。


夕方、鬼嫁に連れられてショップに赴くと

受付のお兄さん、「機種はお決まりですか?」だの何だのと

いきなり聞いてくるのだ。

仕事熱心なのは分かるが、鬼嫁が決まっていても我が輩は決まってないのだ。

我が輩は、あわよくばiPhon6sにでもするかと画策していたので、

鬼嫁との駆け引きが・・・

そんな中、iPhonにすると高く付くと言われて、呆気なく撃沈。

そして選び抜いたのは、今まで使っていたXPERIAと同種のZ5に決めたのだ。

XPERIAには、Z5とZ5Premiumがあるのだ。

どうせ機種変するなら、最上位機種でしょ!と鬼嫁に懇願する我が輩。

鬼嫁はと言うと、あっさりと承認。

珍しい事も有るもんだ。


納得が行くまで説明を聞いて、ようやく契約終了!

f0138281_15145567.jpg


以前の機種より画面が大きくなったのだ。

使い勝手と言うと、同じEXPERIAなので・・・

違和感なく使えるのだ。こりゃ助かった。


我が輩と鬼嫁が機種変したもんだから、愛娘がふくれっ面。

でも、鬼嫁の一言「あなたも機種変したら」で機嫌が戻ったのだ。


そして今日の昼にショップへ

愛娘のiPhon、バックアップ作業は昨夜に済ませてあったから、

すんなりと機種変が出来ると思っていたら・・・

旧携帯を買い取りするにあたり、初期化しなくてはならないらしい。

でも、何をやっても「初期化」出来ないのだ。

何が駄目なんだ?

困っていた所、担当のお姉さんがアップルのサポセンへ電話を掛けてくれていたのだ。

サポセンで聞きながらicloudの遠隔で初期化を済ませ、何とか作業が終了。

旧データを復旧したいが、iTunesのアップデートが出来なくて・・・

その場では復旧作業は断念したのだ。

愛娘は、Lineだけを復旧させて待ち合わせ場所へ向かったのだ。


年末年始に掛けて、我が家では「機種変更」の嵐が吹き荒れていたのだ。
[PR]

by okapparikozou | 2016-01-02 15:30 | 日常